2015年7月23日木曜日

【心からありがとう】

急な話です大変申し訳ございませんが、7月でスクールコーチを退任させていただきます。

病気を患い、長期のお休みが必要となってしまいました。

今までも何度か体調を崩してしまう事もありましたが、気合いで乗り切ってきました。
しかい、今回はどうも気合いだけでは乗り越えられない状態で一度休養する時間をいただき、体調回復に努めたいと思います。

スクール生が嫌いになったわけでもなく、ただただ涙が出てきます。
スクール生、みんなが好きですよ。


自分に対する苛立ちや不甲斐なさを感じる毎日ですが、少し自分に優しくする事にします。
変に力を入れ過ぎてしまったのかも知れません。

相談をする事。
愚痴を言う事。
誰かに頼る事。

自分の中では、相談する前にまず社会人として自分でやること。
愚痴を言う前に果たして最低限のことが出来ているのだろうか?と考えること。
誰かに頼る前に自分の成長のためにやるべきことなのではないか?と考えていました。

他の人なら、きっと簡単に出来ること。
そう思いながら、取り組んできました。
ストレスはどの業種でもどの会社でもありますし、そのストレスとどう向き合うのか、どう対処していくのかが私には上手くコントロールが出来なかったようです。

何だか暗いな…。

最後のブログなので明るく書きましょう!

オプトスクール!
毎週とても楽しかったです。

早く木曜日が来ないかな?と何度思ったことか(笑)

インフィニティノートのやりとりでは、保護者の方からの熱いコメントやスクール生が一生懸命書いてくれたコメントや絵を観て、私も真剣に書いてきました。
※緩いツッコミのみの日もありましたが…。

スクール生が妖怪ウォッチを踊ってくれたり、結婚式にまで来てくれたりとスクール外の思い出もいっぱいあります。

いつでもみんなが私にエネルギーを分けてくれていて、足りなくなった心のバランスを整えてくれました。

この先、オプトスクールは中島コーチへバトンタッチします。

中島コーチは、私よりもサッカー上手いです!
私と違ったサッカー感を持っています。
後輩ですが、学ぶことも多い指導者です。

スクールから離れることは、辛く苦しいことですが、中島コーチならば安心して引き継ぎを任せられます。

心身ともに復活し、必ずまた笑顔いっぱいでお会いしたいと思います。

今まで本当にありがとうございました。

今後ともオプトスクールをよろしくお願い申し上げます。

最後は変顔の写真で!!

山本 雅史

2015年7月14日火曜日

相手の逆を取る動き!

今日は、引き続きピッチを速くステップすることや姿勢を確認しながらスクールスタートです!

少しずつ綺麗なステップと形になってきており、あとは様々なスタートやトレーニングで持続して出来るかどうかがポイントとなります。

休憩後に【フェイクバック】というボールを受ける前に仕掛けるフェイントをトレーニングし、まだまだ何となくのスクール生もいますが、基礎の形とやる意図は理解してきたようです。

この技は、とても試合で使えます。
小柄な子どもも足が遅い子どももこの動きを習得出来れば、ボールを触る前に相手の逆を取り、先にボールに触れる可能性が増えます。

簡単に観えて、実際行うとタイミング、足の向き、ステップがとても難しいのです…。
こちらも何度も繰り返して、実践で使えるようにしていきたいと思います。

出来た時(実践で使って相手を交わす)の達成感をスクール生に味わってほしいと思います。

慌てずじっくり伝えていきます。
指導者が慌てれば子どもはもっと焦ります。
大人が口うるさく言えば、出来るものも出来なくなってしまいます。

子どもの気持ちや目線になって、一緒に考えて悩み、答えを見つけていこうと思います。

オプトスクール湘南校
山本 雅史

2015年7月7日火曜日

速いステップへ

本日は、いつもよりも早い時間からスクールスタートです。

足の運びや姿勢を意識してのステップワークから行い、こちらはまずまず!
頭を使ったステップワークになると、途端に足の運びが遅くなり、姿勢が崩れていきました。
ここをクリア出来れば、この先のトレーニングも理解が早く、様々な動きが速くなっていきます。

スクール生には、自分の動きを録画した映像で観てもらい、実際どう動いているのか?を確認し、どこを修正すれば速い動きになるのかを考えさせてトレーニングを行いました。

教える・与える
だけではなく、
伝える・導く
言葉を多くしていきたいと思います。

サロンフットでは、軸抜きについてトレーニング。

膝下が硬い子どもの特徴は、軸足を動かすことが出来ないということがあります。

例を挙げれば、
ボールが身体から離れたときに軸足を残したままで、ボールに触れている足を伸ばしてしまうプレー。
ドリブルもトラップもキックも当てる足(触る足)も重要ですが、軸となる足の位置もとても重要となります。
左右の足の距離が悪ければ、バランスを崩したり、頭の中で思ったところに動かすことは難しい作業となります。

この「軸抜き」をまずはマスターしてもらい、運ぶ・蹴る・止めるの基礎技術を向上させたいと思います。

オプトスクール湘南校
山本 雅史

2015年7月3日金曜日

久しぶりの1対1バトル‼︎

今日のUー8クラスでは、顔を上げて相手を観ることをテーマにボールコントロールのトレーニングを行いました。まだまだ思い通りにボールを扱うことは難しいですが、上手くコントロールする回数が増えてきました。最後のゲームでまさかのコーチが負傷…⁉︎
次回までには治します(笑)

Uー10クラスは、勝負に拘るトレーニングを行いました。
アジリティートレーニングでの走り込みや1対1勝ち上がりバトル!
「勝つんだ」という強い気持ちを持ってスクール生は挑んでいました。
今回のNo.1は、RくんとHくんでした。それぞれ感想をみんなの前で発表してもらいましたが、共通点が一つありました。
「絶対勝つんだって思いながら、勝負しました」このフレーズです。
当たり前のことですが、負けてしまったスクール生の中には、「勝てたらいいな」「とりあえず戦う」という気持ちの子も居たはずです。
J1だから凄いではなく、今のレベルにあった場所でどれだけ頑張れるのかが大切です。まだまだ技術がなくても気持ちでボールを追い回し1度だけJ1に上がれた3年生もいました。
これは偶然でしょうか?
私はそうは思いません。
がむしゃらに戦っていたその姿は、たくましく必ず勝ち上がるだろうと思ってましたので…。
また1対1勝ち上がりバトルは機会をみて行います。
今ある技術をさらに磨き上げ、強い気持ちで挑んでくれることを祈ってます。

Uー12クラスは、【チャレンジの優先順位】についてトレーニングを行い、こちらも白熱した良い雰囲気で行えました。
少しの意識でとても疲れるものです。
・インターセプトを狙う。パスカットです。
・コントロールした瞬間を狙う。トラップした直後に身体を入れることです。
・前を向かせない。相手を攻撃方向へ向かせない(シュートを打たせない)ことです。
・ディレイ&ジョッキー
攻撃を遅らせて味方が戻る時間を作る、どちらかのサイドへ追いやり味方と連携してボールを奪うことです。
意識してからのスクール生は動きが変わり、汗も倍でていました。

この意識を持ちながらトレーニングすれば確実に上達していきます。

私も絶え間なく声をかけ、少しずつですがスクール生が上手くなるためのヒントやアドバイスを伝えていきたいと思います。

オプトスクールさいたま校
山本 雅史