2014年12月12日金曜日

【観る→眺める】


今回は、自分とボールの関係の中で「観る→眺める」をキーファクターとしてトレーニングを行いました。
・観る→意識的動作
・眺める→無意識的動作
ボールを持って意識的に周りを観る事からスタートし、慣れてきたスクール生には眺めるように伝えています。
ボールを持ってもボールだけではなく、当たり前に周りを見渡せる選手へ育ってほしいと思います。
ゴールは空いているか?
スペースはあるか?
味方選手はどこでボールを欲しがっているか?
相手選手との距離感や相手がパスカットを狙っているか?
など、ボールを運びながら眺めることが出来れば、ボールを失う回数も減っていきます。
ここで大切なのはスピードです。
クローズドスキルの中で、速く出来たらすごい!何となくボールだけ見て運べたらOK!では、まず1対1で相手の逆は取れません。
※スペースがありランウィズザボールのコントロールは別とします。
歩いて運んでいても、相手のいないところへ運ぶ、駆け引きをしてスッと前へ運べれば私の中では素敵なボールコントロールとなります。
がむしゃらに前へ前へとイノシシの如く突っ込むドリブルも悪くはないですが、そこにテクニック向上は無いに等しく、対戦相手次第で勝率は変わっていきます。
ゆっくり眺めながらプレーできれば、慌てることも少なく自らのミスからボールを失う回数が減っていきます。
味方を使ったワンツーや効果的なパスも経験値によって増えていきます。

昨日は我ながら良いトレーニングが出来たと感じています。

来週は2014年ラストのスクールとなりますので、ゲームを多めに進行していく予定です。

1年は、あっという間ですね…。

それでは、また来週‼︎

山本  雅史

0 件のコメント:

コメントを投稿